脂肪分解注射(カベリン)

  1. Home
  2. /
  3. お悩みメニュー
  4. /
  5. 脂肪分解注射(カベリン)
カベリン(脂肪分解注射)の画像

カベリン(脂肪分解注射)とは

カベリンは脂肪分解注射の一種です。注射した部位の脂肪を分解し、体外へ排出します。腫れ・痛みを抑えながら結果が出るように開発された製品で、2年間の臨床研究でその効果と安全性が確認されており、FDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を受けた成分です。

カベリンは脂肪細胞自体を分解・減少させるため、リバウンドしづらいのも特徴です。メスを使わずに、フェイスライン、二重あご、ボディなどの部分痩せを行うことができます。分解された脂肪は、尿や便中に排出されます。

カベリンには、FDA(アメリカ食品医薬品局)より脂肪溶解効果の認められている【デオキシコール酸】が高濃度に配合されています。その他、脂肪代謝を促進する【L‐カルニチン】、むくみ・腫れを軽減する【アンティチョークエキス】が含まれます。

デオキシコール酸

デオキシコール酸の画像

カベリンの主成分です。
脂肪細胞を破壊し、体外へ排出します。細胞の数自体を減らすため、再び脂肪が取り込まれるのを防ぎます。

L-カルニチン

アミノ酸の一種であるL‐カルニチン酸は、脂肪分解促進、代謝を促す働きがあります。L‐カルニチンが不足すると、脂肪が蓄積させやすくなります。

アンティチョークエキス

食材でも用いられるアンティチョークには、むくみ解消、脂肪燃焼促進の効果があります。代謝を促し、術後の腫れを軽減します。

他施術との比較、要点(目安)
カベリン
BNLS製剤 カベリンより高濃度のデオキシコール酸製剤
デオキシコール酸の量 デオキシコール酸0.5% 微量(0.02%など) デオキシコール酸1%
主な効果 脂肪細胞の破壊・減少 代謝促進によるサイズダウン(マイルド) 脂肪細胞の破壊・減少
注射時の痛み・腫れ 少ない 少ない 強い
部位 頬、フェイスライン、 あご下、ボディ 顔の細かい部位にも 注射可能 あご下、ボディ
ダウンタイム 注射直後から半日程度のむくみ、腫れ 術直後~数時間程度の むくみ、腫れ 内出血、腫れ、痛み、赤みなど(1週間以内)
頻度・回数 1~2週間おき
全4~8回目安
2~3週間おき
全4~8回目安
1ヶ月おき
全6~8回目安

カベリンの治療部位(例)

使用量の目安/1回あたり

手の画像
  • 顎下2~8㏄
  • フェイスライン4~8㏄
  • ほほ・ほうれい線の上 1~4㏄
  • 両側二の腕8~16㏄
  • 腹部8~16cc
  • 両側ふともも・ひざ周り8~16㏄

※1回あたりの最大使用量は16㏄です。

治療回数、頻度

1~2週間おきに合計4~8回が目安

※単回使用も可能です

副作用・ダウンタイム

  • 注射部位の腫れ、むくみ・・・注射直後から半日程度は多少の腫れ、むくみが生じる場合があります。薬剤は徐々に吸収されるため、翌日には気にならない程度に落ち着くことがほとんどです。
  • 赤み・違和感・熱感・・・稀に腫れや赤みが生じる場合があります。熱感や圧痛は2~3日、赤みは2日~1週間程度で改善します。
  • 内出血・・・稀に内出血が出る場合があります。消えるまでに1週間程度かかります。
    診察時に詳しく説明致します。


当日のメイクは注射部位を避けて行ってください。
当日の洗顔、スキンケア、入浴は可能です。

注射を受けられない方

妊娠中・授乳中の方、18歳未満の方、注入部位の皮膚に異常がある方、重度の糖尿病や膠原病の方、注入する製剤にアレルギーの既往がある方、血管障害や循環不全のある方、抗がん剤治療を受けている方、過去に脂肪分解注射やBNLS等で異常が起こった方

治療例

カベリン(脂肪分解注射)治療前の画像

治療前

カベリン(脂肪分解注射)治療後の画像

治療後

メーカー提供

こんな方におすすめ

  • 二重あごでお悩みの方
  • フェイスラインの脂肪、もたつきが気になる方
  • メスを使わず、少ないダウンタイムで治療をしたい方
  • 短期間で効果を実感したい方
  • リバウンドしづらい脂肪分解注射を希望される方
  • 身体の部分痩せ、セルライト減少をしたい方

カベリン(脂肪分解注射) 料金(税込)

カベリン1回あたり 1A(8㏄) ¥33,000
2A(16cc) ¥59,400

※1回あたりの最大使用量は16㏄です。
1Aまたは2Aを気になる部位に分けて使用することも出来ます。医師にご相談ください。

その他

診察料 初診料 ¥3,300
再診料 ¥1,100
麻酔(必要時) テープ麻酔 1枚 ¥330
クリーム麻酔 ¥3,300
クリーム麻酔一部分(5×5cm2) ¥1,650
  • 初回は診察が必要です。再診時に診察をご希望されない場合、施術料のみとなります。
  • 通常麻酔なしで施術が可能ですが、痛みが弱い方には麻酔の併用も可能です。
  • 国内では未承認医薬品のため「医薬品副作用被害救済制度」の対象外です。